アンテ日記» ブログアーカイブ » 北信越総合選手権、準決勝戦評
トップ > アンテ日記


アンテ日記


北信越総合選手権、準決勝戦評

2012 年 11 月 1 日

北信越総合選手権の準決勝、新潟教員戦の戦評です。

 

(戦評 by #9矢島)

 

準決勝

ANTELOPES ● 72 – 80 ○ 新潟教員

{21-15、24-19、14-22、13-24}

【スタート:毛原、柴田、 池田(晋)、池田(哲)、片山】

 

ジャンプボール #14片山

ジャンプボール #14片山

 

1Q、新潟教員の力強いインサイド陣に苦戦。開始早々、片山が2ファウルでベンチへ。しかし、交代で入った稲垣のハッスルプレー、佐土平のジャンプシュートで応戦。さらに池田哲のテイクチャージで流れをつかみ、速攻や池田晋の3Pで得点を重ねる。終盤、柴田の2連続得点も決まり、21-15とリード。

 

ジャンプショット #16柴田

ジャンプショット #16柴田

 

全員リバウンド!

全員リバウンド!

 

2Q、相手は変則的なゾーンdefに変更。しかし、アンテは司令塔毛原を中心に落ち着いた試合展開を見せる。パスがよく回り、簡単に得点できる場面が多くなる。アンテペースで試合は進み、45-34と11点リードで後半へ。

 

ディフェンス! #15見谷

ディフェンス! #15見谷

 

ダブルチームで必死に守る!

ダブルチームで必死に守る!

 

3Q、アンテのシュート確率が下がり、新潟教員のインサイドにリバウンドを制され、なかなか得点が伸びない。一方、新潟教員は2連続3Pや、さらに3連続ゴールで一気に勢いに乗り、逆転を許す。

しかし、アンテも終盤、池田晋の3P、フリースローで何とか盛り返し、再逆転。59-56とわずかに3点リードして4Qへ。

 

ジャンプショット #14片山

ジャンプショット #14片山

 

#18 佐土平

#18 佐土平

 

アンテベンチ

アンテベンチ

 

フェイダウェイ #17池田晋

フェイダウェイ #17池田晋

 

4Q、佐土平、片山が得点するも、新潟教員の中外バランスの良いオフェンスを抑えることができず、一進一退の展開が続く。残り5分、3Pを決められ、67-67の同点に追いつかれる。

それでも池田晋、片山がゴールし、粘りを見せるが、新潟教員にタフショットや、ブザービートの3Pを続けて決められ、残り1分で点差を5点まで広げられる。

タイムアウト後、やむを得ずファールゲームに持ち込むが、逆に点差は広がってしまう・・・。72-80で惜敗。

ALL JAPANへの挑戦は来年へ持越しとなった。

 

3P #17池田晋

3P #17池田晋

 

写真撮影 : Tsuki

 

タグ:

福大大濠「マッチアップゾーンディフェンス」の実戦的習得法
» masshiのトレログ

コメントをどうぞ