トップ > アンテ日記

アンテ日記


長野県クラブ選手権、決勝戦評

2013 年 1 月 23 日

長野県クラブ選手権の決勝、吉田クラブ戦の戦評です。

 

(戦評 by #9矢島)

 

決勝

ANTELOPES ○ 80 – 70 ● 吉田クラブ

{15-18、24-19、23-20、18-13}

【スタート:毛原、柴田、池田晋、池田哲、片山】

 

ジャンプボール #14片山

ジャンプボール #14片山

 

1Q、序盤から相手のオールコートゾーンプレスに苦しめられ、リズムに乗れない。
池田晋の3Pや片山のジャンプシュートで得点を重ねるが、相手の1on1を止められない。
終了間際には佐土平が得点するが、15-18と3点ビハインドで2Qへ。

2Q、開始早々の池田晋の3Pでアンテが流れを引き寄せる。
続いて池田哲、毛原が得点を重ね、ついに逆転。

しかし、相手シュートも高確率で決まり、点差が離れない。
2Qは24-19とアンテがリードし、39-37の2点リードで前半終了。

 

3Q、一進一退の攻防が続くが、アンテはメンバーチェンジを頻繁に行い運動量を増やす。
パッシングからゾーンプレスを崩し、アウトナンバーを作ってイージーシュートにつなぐ。

リズムが良くなり、出場選手全員がバランスよく得点。
一気にリードを広げたい場面であったが、相手に連続3Pを決められ、ペースダウン。
62-57と5点リードで最終Qへ。

4Q、池田哲のジャンプシュートや、フリースローでじわじわとリードを広げる。
稲垣、片山のシュートも決まり、さらに得点を伸ばす。
その後は危なげなく試合を運び、80-70で試合終了。

 

応援ありがとうございました!

応援ありがとうございました!

 

国体選手最終選考会県一般県総合、そして、このクラブ選手権。

長野県の4大タイトル全て優勝!

 

アンテ史上2度目の、

長野県 年間グランドスラム達成!

 

たくさんの応援ありがとうございました。

2月2日(土)、3日(日)の北信越クラブ選手権@石川に向け、頑張ります!!

⇒ 北信越クラブ選手権トーナメント表(PDF)

 

 

P.S.

準決勝の戦評は、担当の池田晋一待ちとなっておりますm(_ _)m

 


タグ:

» きかんしゃトーマスを愛する子をもつ親のためのサイト
アキレス腱をつまむと痛い! ・・・どうしたら治るの?

コメントをどうぞ