アンテ日記» ブログアーカイブ » 北信越クラブバスケットボール選手権、準決勝戦評
トップ > アンテ日記


アンテ日記


北信越クラブバスケットボール選手権、準決勝戦評

2013 年 2 月 25 日

北信越クラブ選手権の準決勝、HEDGE HOG(新潟県1位)戦の戦評です。

 

これまで幾度となく跳ね返されている準決勝の壁

新潟1位の壁!

今度こそ突き破ることはできるか!!

 

(戦評 by #4原田)

 

北信越クラブ選手権 準決勝

ANTELOPES ● 52 – 74 ○ HEDGE HOG(新潟県1位)

{10-26、12-16、16-20、12-12}

【スタート:毛原、柴田、池田晋、池田哲、片山】

 

ジャンプボール (タップする前に走りだして良いんでしたっけ?)

ジャンプボール (タップする前に走りだして良いんでしたっけ?)

 

1Q、シュートが決まらない重苦しい立ち上がり。
固い相手ディフェンスを崩すことができず、全く得点が入らない。
7分間でわずか4得点。

一方、相手には得意のバックドアで簡単にスコアされ、ペースをつかまれる。
さらに終盤3連続で3Pを決められ、一気に突き放されてしまう。10-26。

 

2Q、佐土平、池田晋の1on1、稲垣のジャンプショットなどで得点し、
徐々にオフェンスにリズムが生まれ始める。

しかし、連続ターンオーバーに加え、相手に随所で得点され、
波に乗り切ることができない。24-42で後半へ。

 

3Q、柴田のジャンプショット、池田哲を機転としたオフェンスでジワジワと得点。
いつものようにディフェンスで流れを呼び込もうとするが、相手に高確率でシュートを決められ、
逆にリードを広げられてしまう。40-62。

 

4Q、良い形で片山のジャンプショットが決まり、追い上げムードになりかけるが、
中を固めようとすると外から3P、外を守ろうとするとゴール下と、良いように攻められてしまう。

 

ジャンプショット #16柴田

ジャンプショット #16柴田

 

味方に指示を出す #7池田哲

味方に指示を出す #7池田哲

 

点差を詰めようと積極的にシュートを放つが、こちらのシュートは決まらず・・・
徐々に集中力が低下していく。

残り5分で43-69とこのゲーム最大の26点ビハインド。

チームの士気が下がる中、タイムアウトをとる。
このまま終わってはチームはボロボロ。
全クラ出場のかかる次の3決に繋げようと、みんなで意思統一。

オールコートのディフェンスから柴田、佐土平が奮起し連続得点。
少し点差を縮め、52-74で試合終了。

・・・完敗。

 

今回も準決勝突破ならず・・・。
分厚く高い、新潟1位の壁。

全クラ出場をかけ、3位決定戦へ。

 

タグ:

福大大濠「マッチアップゾーンディフェンス」の実戦的習得法
» masshiのトレログ

コメントをどうぞ