アンテ日記» ブログアーカイブ » 全国クラブバスケットボール選手権、1回戦戦評
トップ > アンテ日記


アンテ日記


全国クラブバスケットボール選手権、1回戦戦評

2013 年 3 月 18 日

全国クラブ選手権の1回戦、メイクアップ(近畿1位、大阪府)戦の戦評です。

 

当日入りするメンバーもいましたが、無事大阪に到着。

試合会場の大阪市中央体育館へ。

 

大阪市中央体育館に到着

大阪市中央体育館に到着

 

配布されたプログラム を眺めていると・・・

 

長野ではなく、新潟と記載されている!

長野ではなく、新潟と記載されている!

 

いきなり出鼻をくじかれる!

チーム名の綴りはよく間違えられるけど、新潟と書かれてしまうとは・・・。

気を取り直してゲームへ。

 

試合前のウォーミングアップ

試合前のウォーミングアップ

 

入念なミーティング

入念なミーティング

 

 

(戦評 by #4原田)

 

全国クラブ選手権 1回戦

ANTELOPES ● 74 – 90 ○ メイクアップ(近畿1位、大阪府)

{13-27、21-18、24-23、16-22}

【スタート:毛原、柴田、池田晋、池田哲、片山】

 

 

ジャンプボール #14片山

ジャンプボール #14片山

 

1Q、いきなり3Pを決められ相手に先制を許すが、こちらも池田晋、続いて見谷が3Pを返す。
4分過ぎて9-9の同点。

ここから、相手のパワフルなインサイドオフェンスにより、池田哲、片山が揃ってファウルトラブル。
代わって入った矢島もあっという間にファウル3回。
ゴール下を守ることができず、一気に点差をつけられてしまう。13-27。

2Q、池田哲のジャンプショットがよく決まり、24-32にまで追い上げる。
が、そこからなかなかシュートが決まらず、再び突き放される。27-40。
終盤、片山、柴田、池田晋の得点で、34-45。若干点差を縮め、後半へ繋げる。

 

みんなでインサイドを守る!

みんなでインサイドを守る!

 

チャンスをうかがう #17池田晋

チャンスをうかがう #17池田晋

 

3Q、出だしで連続得点され、34-49と15点ビハインドに。
しかし、ここからチーム一丸ディフェンスで相手オフェンスをシャットアウト!

 

逆転に向け、円陣!

逆転に向け、円陣!

 

気合いのディフェンス!

気合いのディフェンス!

 

アーリーオフェンスからアシスト付きで池田晋、片山、池田哲とバランスよく得点を重ね、一気に追い上げる。完全にアンテペースとなり50-53の3点差まで詰め寄る。

 

もう1本決まればという場面、相手の巧みなプレーでファウルを誘われ、流れを断ち切られる。
フリースローで着実に得点され、58-68の10点差まで押し戻されてしまう。

 

4Q、佐土平の1on1、池田哲のフリースローなどで加点するが、その後得点がのびない。
速い展開に持ち込もうとするが、相手ガード陣にうまくコントロールされてしまい、スローダウン。
点差が縮まらないまま時間が過ぎていく。

 

積極的に攻め続けた #18佐土平

積極的に攻め続けた #18佐土平

 

フリースロー #7池田哲

フリースロー #7池田哲

 

残り3分で68-78の10点差。

勝負をかけ、オールコートディフェンスに切り替えるが流れは変わらず。
そのまま点差をキープされ、タイムアップ。

 

悔しい初戦敗退・・・

悔しい初戦敗退・・・

 

来シーズン、今期を上回る成績を残せるよう、
また一からがんばります。

たくさんの応援ありがとうございました m(_ _)m

 

 

全国クラブ選手権、また来年!

全国クラブ選手権、また来年!

 

タグ:

福大大濠「マッチアップゾーンディフェンス」の実戦的習得法
» masshiのトレログ

コメントをどうぞ