アンテ日記» ブログアーカイブ » 北信越クラブバスケットボール選手権、準決勝戦評
トップ > アンテ日記


アンテ日記


北信越クラブバスケットボール選手権、準決勝戦評

2014 年 2 月 19 日

平成25年度第19回北信越クラブバスケットボール選手権大会の準決勝金沢工大クラブ戦の戦評です。

 

準決勝の相手は石川1位の金沢工大クラブ。

 

(戦評 by #16柴田)

 

北信越クラブバスケットボール選手権 - 準決勝

 

ANTELOPES ● 53 – 73 ○ 金沢工大クラブ

{15-18、13-23、16-20、9-12}

【スタート:原田、松原、佐土平、池田(哲)、片山】

 

ジャンプボール #14片山

ジャンプボール #14片山

 

 

第1Q

序盤、松原のアシストから片山のミドル、原田が3Pを決める。
さらに柴田、見谷の速攻でリードを奪う。

しかし、中盤に交代で入った相手選手にミドルを決められ、
相手のオフェンスにリズムが出始め逆転される。15-18。
(この時点で原田股関節を痛め自走不能、終了)

 

第2Q

相手の3Pとミドルが高確率で決まり、リードを広げられる。
対照的に全くリズムに乗れないアンテは、プレーに苛立ちが目立つ。

相手のオフェンスに引きずられる形で時間だけが過ぎていく。
28-41の13点ビハインドで折り返す。

 

ゴール下 #18佐土平

ゴール下 #18佐土平

 

ハーフタイムのアンテベンチ

ハーフタイムのアンテベンチ

 

 

第3Q

オフェンスはシンプルなプレーを心掛け、しっかりとパスを回す。
稲垣、佐土平の連続3Pが決まるが、その後シュート確率が上がらない。

ディフェンスは、相手フォワードのパワープレーを止めることができず。
点差を詰められないまま最終Qへ。

 

第4Q

気合いのオールコートディフェンスで、相手のターンオーバーを誘うが、
せっかくのマイボールをミスで得点につなげることができない。
その後も小さなミスが続き・・・徐々に失速。

そのまま点差を縮めることができず、試合終了。
今回も決勝進出ならず。

 

ジャンプショット #14片山

ジャンプショット #14片山

 

1on1を狙う #19松原

1on1を狙う #19松原

 

ジャンプショット #7池田哲

ジャンプショット #7池田哲

 

3位決定戦へ・・・

 

タグ:

福大大濠「マッチアップゾーンディフェンス」の実戦的習得法
» masshiのトレログ

コメントをどうぞ