アンテ日記» ブログアーカイブ » 平成26年度国体選考会、3回戦戦評
トップ > アンテ日記


アンテ日記


平成26年度国体選考会、3回戦戦評

2014 年 5 月 12 日

平成26年度第69回国民体育大会成年男子・女子選手最終選考会の3回戦、Bandit戦の戦評です。

 

(戦評 by #10星野)

 

国体選考会 - 3回戦

 

ANTELOPES ○ 99 – 51 ● Bandit

{18-18、21-12、32-11、28-10}

【スタート:見谷、原田、佐土平、稲垣、星野】

 

第1Q

佐土平のレイアップ、スリーポイントで得点を重ねるが、

チーム全体でシュートが決まらず重苦しい雰囲気に。

ディフェンスも連動せず、18-18の同点で第1Q終了

 

第2Q

原田のミドルシュートに始まり、パスが回るようになる。

第1Q同様シュートが思うように決まらなかったが、

稲垣を中心に積極的にオフェンスリバウンドを取にいき、

セカンドシュートにつなげ加点していく。

39-30で前半を終える。

 

第3Q

後半ようやくアンテが連動し始める。

塩沢のドライブインからの稲垣のゴール下への合わせ、

見谷の高速ドライブ、原田のスリーポイント、滝澤のミドルシュートなど

随所に良いプレーが見れるようになる。

締めくくりは原田のブザービーター。

71-41とリードを大きく広げた。

 

第4Q

遅れて登場した池田(哲)が得点、アシスト、リバウンドと

大きくチームに貢献し、さらにリードを広げる。

99-51で勝利。

 

完全復活に向けて準備中 #17池田晋一

完全復活に向けて準備中 #17池田晋一

 

 

タグ:

福大大濠「マッチアップゾーンディフェンス」の実戦的習得法
» masshiのトレログ

コメントをどうぞ